看護師の副業について

看護師,副業
女性は、生活環境の変化によって、仕事に大きく影響しますよね。

 

いくら結婚や出産を経験しなくても、プライベートを重視したいという方も沢山います。

 

他の職種と違い、看護師というのはいろいろな働き方ができますから、恵まれていると思いますね。

 

私は現在、子育てしながら看護師の仕事をしています。

 

私の子供は保育園で、まだまだ手がかかります。

 

仕事は続けたい、でも、子育ては疎かにしたくなかったので、自分のペースで働く事ができる、単発バイトをしています。

 

身分の安定やボーナス、将来的な事を考えると、常勤で働くのは一番いいと思いますが、子育てをしながら常勤で働くのは、私にはとても無理です。

 

生活を犠牲にしたくなかったので、単発バイトの仕事を選びました。

 

看護師には、給料アップの為に副業をしている方が多いですよね。

 

単発バイトであれば、月1回だけでも、自由に仕事を入れる事ができます。

 

それだけで、無理しないで月に数万円給料がアップするんですから、嬉しいですよね。

 

私は、主にイベントナースや福祉系の単発バイトをしていますが、働いているほとんどの方は、ダブルワークをしています。

 

常勤で働きながら、休みの日に上手に単発バイトを組み入れている方もいます。

 

イベントナースなどは、仕事内容が楽ですから、副業にはピッタリだと思います。

 

訪問入浴も、決められた時間で、高い給料が貰えるんですよ。

 

これらの単発バイトをしたい方は、看護師求人情報サービスに登録しておくと、仕事がある時に連絡を貰う事ができますよ。

 

一年中、何かしらの仕事がありますから、途切れる事がありません。

 

私はこの働き方がとても気に入っていますね。

 

今は、家庭を重視したい時ですから、自分のペースでシフトが組めるこの仕事は、私には合っています。

ダブルワークをする理由は?

看護師,副業
ダブルワークをしている方は沢山いますが、ほとんどの方は、給料アップが理由だと思いますね。

 

あくまでも本業が中心となりますが、副業として多くの方が選んでいるのが、単発バイトです。

 

単発バイトは、自分のペースに合わせて仕事を選ぶ事ができますから、無理なくダブルワークをするのにはピッタリの働き方です。

 

ダブルワークで稼いでいる方の中には、人間関係の煩わしさがイヤで選んだ、というケースもあります。

 

たとえば、常勤で働いていると、日勤も夜勤もあり、仕事内容がハードですよね。

 

それに加えて、イジメや派閥などがあり職場の人間関係が悪い場合は、精神的にも参ってしまいます。

 

人間関係のトラブルを避ける為に、単発バイトのみを組み合わせて稼いでいる方もいるんですよ。

 

お金を稼ぎたいと思った時や、出費が多い月など、1回限りの仕事がほとんどですから、気軽に働く事が可能です。

 

給料アップにも繋がる単発バイトですが、自分で探すのは難しいです。

 

ほとんどの方は、看護師求人情報サービスに登録して、仕事の情報を入手しています。

 

サービスに登録すれば、単発バイトがある時に前もって連絡を貰う事ができるので、本業のスケジュールに合わせて仕事を入れる事ができるんですよ。

 

看護師求人サイトによると単発バイトは、時間も規則的で、楽な仕事が多いのですが、中には、訪問入浴など、キツい仕事も沢山あります。

 

ダブルワークをしている事により、本業に支障をきたしてしまっては、働いている意味がなくなってしまいますよね。

 

単発バイトとはいえ、業務内容を確認して、自分のペースに合った仕事を選ぶ事が大切です。

 

自分に合った単発バイトを転職の時に選べば、本業+単発バイトで、無理なく常勤のように稼ぐ事も可能ですよ。

 

フィトリフト

福祉系の職場では看護師にはどんな能力が求められると思いますか?

看護師,副業
福祉系の職場というのは、治療を目的としている病院とは違い、利用者の方が生活をしている場です。

 

そのような職場では、看護師は、利用者の方が健康を維持しながら安全に生活できるように、観察する事が主な仕事になります。

 

利用者の方のちょっとした行動や言動の違いが、何かしらの異常の早期発見に繋がりますから、観察能力というのがとても必要となります。

 

福祉系の仕事は医療行為を行わないから、看護師の知識や技術がなくても働ける、と思っている方が多いと思います。

 

しかし、知識や技術がない方には勤まらない仕事です。

 

高齢者の方は、いろいろな疾患を持っていますし、それぞれの疾患によって症状も異なります。

 

看護師の知識がなければ、異常を見極める事ができませんし、早期発見する事もできません。

 

発見が遅れると、生活を維持できないどころか、生死に関わる場合もありますから、皆さんの状態を把握する事はとても大切な事です。

 

さらに、コミュニケーション能力も必要とされます。

 

福祉系の施設の場合は、医療設備が整っていないところがほとんどです。

 

そのような状況で、どのようにして利用者の方の異常の早期発見をするのかと言うと、利用者の方の訴えや、目で観察する事です。

 

コミュニケーションを取る事で、利用者の方も自分の健康状態や不安な事などを伝えやすくなりますし、何しろ信頼関係を築く事ができます。

 

福祉系の職場には、看護師以外に、介護士など、他の職種の方も多く働いていますから、いろいろな面から見たケアをする為に、協力し合う姿勢を取る事も重要です。

 

福祉系の仕事というのは、とても奥が深く、看護師としての知識や経験が試される、やり甲斐のある職場です。

 

今後ますます需要が増える事が予想されます。